税金対策と節税対策ガイドTOP > 贈与税 > 贈与税の税率と税額の計算方法(暦年課税)

贈与税の税率と税額の計算方法(暦年課税)


贈与税の税率と税額の計算方法(暦年課税)
贈与税の課税方法は、「暦年課税・相続時精算課税」の2種類あり、子供が贈与を受ける場合はこの2種類のうち、お得な方を選択できるようになっています。

ここでは従来からある、「暦年課税」の贈与税の税率と、税額の計算方法を説明しています。

-贈与税の税額の計算方法と税率(暦年課税)-

◎贈与税の税率と控除額(暦年課税)


贈与税の税率と控除額(一般贈与財産)
贈与された価格から各種控除(基礎控除・配偶者控除)を差引いた額 税率 控除額
200万円以下 10% -
200万円超~300万円以下 15% 10万円
300万円超~400万円以下 20% 25万円
400万円超~600万円以下 30% 65万円
600万円超~1,000万円以下 40% 125万円
1,000万円超~1,500万円以下 45% 175万円
1,500万円超~3,000万円以下 50% 250万円
3,000万円超~ 55% 400万円


一般贈与財産は、夫婦間、兄弟間、親子間(子が未成年)での贈与などの場合に適用されます。


贈与税の税率と控除額(特例贈与財産)
贈与された価格から各種控除(基礎控除・配偶者控除)を差引いた額 税率 控除額
200万円以下 10% -
200万円超~400万円以下 15% 10万円
400万円超~600万円以下 20% 30万円
600万円超~1,000万円以下 30% 90万円
1,000万円超~1,500万円以下 40% 190万円
1,500万円超~3,000万円以下 45% 265万円
3,000万円超~4,500万円以下 50% 415万円
4,500万円超~ 55% 640万円


特例贈与財産は親、祖父母等から20歳以上の子(その年の1月1日時点で)への贈与の場合に適用されます。


◎贈与税(一般贈与財産)の税額の計算(算出)方法

「(贈与された財産の価格-基礎控除(一律110万円)-配偶者控除(最高2,000万円))×税率-控除額=贈与税額」

具体的には、「贈与財産800万円・配偶者控除無し」の場合・・・

「(800万円-110万円)×40%-125万円=151万円」

となります。

また2人から贈与された場合、「贈与財産500万円+贈与財産700万円」の場合・・・

「(500+700-110)×45%-175万円=315万5千円」

となります。

この計算からも分かるように、贈与税は数ある税金の中でも、もっとも負担額が大きい税金といえるかもしれません。


スポンサードリンク