税金対策と節税対策ガイドTOP > 地方税 > 鉱産税

鉱産税


鉱産税の説明鉱産税とは、鉱物「ガス・石油など」の掘採事業(鉱業者)に対して課税される、「地方税のうちの市町村民税」のことで、採掘した鉱物の価格を課税標準として税額を計算し、各市町村に納付することとなります。

また鉱業権を所持していない者が、「鉱業法上の鉱物」を採掘した場合でも鉱産税の課税対象となりますので注意しましょう!

-鉱産税の税率-

鉱物の価格が1月に200万円超の場合・・・「1%

鉱物の価格が1月に200万円以下の場合・・・「0.7%

各市町村によって税率は異なる場合があります。

-鉱産税の税額計算方法-

鉱産税の税額は・・・

山元販売価格×税率=鉱産税額

となります。

-鉱産税の納税義務者と申告、納付-

鉱産税は、鉱物の掘採の事業を行う鉱業者が納税義務者となり、各市町村の条例で定められた期日までに申告書を提出し、納付することとなっています。


スポンサードリンク