税金対策と節税対策ガイドTOP > 地方税 > 事業所税

事業所税


事業所税の絶命事業所税とは、特定の都市区域内で一定規模以上の事業を行う者(個人・法人)に課税される「地方税のうちの市町村民税」のことで、納付された税金は、その都市区域の、「都市環境の整備、改善」に充てられる目的税となっています。

事業所税は市町村民税ですが、東京都の場合は「」が課税しています。

-事業所税が課税される都市区域-

・人口30万人以上の政令指定都市

・地方自治法による指定都市

など・・・

-事業所税の税額-

事業所税は、

・市内の事業所用家屋の使用床面積に対して課税される・・・「資産割

・市内従業者給与総額に対して課税される・・・「従業者割

の2種類の課税方法があります。

◎資産割の税額

事業所床面積×税率(1㎡につき600円)=税額

ただし、免税点がありますので、

・事業所床面積・・・「合計1,000㎡以下

の場合は非課税となっています。

◎従業者割の税額

従業者給与総額×税率(0.25%)=税額

ただし、免税点がありますので、

・従業者数・・・「合計100人以下

の場合は非課税となっています。

-事業所税の納税義務者と申告、納付-

事業所税は、事業者(建築主)が納税義務者となり、各市町村が定める期日までに申告、納付することとなっています(通常は、個人:翌年の3月15日、法人:事業年度終了後から2ヶ月以内)。


スポンサードリンク