税金対策と節税対策ガイドTOP > 国税 > 航空機燃料税

航空機燃料税


航空機燃料税の説明

航空機燃料税とは、その名の通り、「航空機の燃料(炭化水素油など)」に課税される国税の1つで、納められた税金は、「国の空港整備費など」に充てられる目的税となっています。


-航空機燃料税が課税される航空機-

・飛行機
・ヘリコプター(回転翼航空機)
・飛行船
・グライダー(発動機を有する滑空機)

また、「国際線旅客機は非課税」となっています。

-航空機燃料税の税率-

航空機燃料税・・・「26,000円(1キロリットルあたり)

ただし租税特別措置法により、2011年4月1日から2017年3月31日までの間の航空機燃料税は18,000円となっています。

-航空機燃料税の納税義務者と申告、納付-

航空機燃料税の納税義務者は、「航空機の所有者、または使用者(整備・試運転者)」となっており、これらの者が航空機に燃料が積み込まれた月の翌月末日までに、積み込み量を申告し、航空機燃料税を納付することとなっています。


スポンサードリンク