税金対策と節税対策ガイドTOP > 国税 > 電源開発促進税

電源開発促進税


電源開発促進税の説明
電源開発促進税とは、一般電気事業者の販売電気に課税される国税の1つで、納められた税金は、「発電施設の設置促進・運転の円滑化・安全確保・電気の供給の円滑化など」に充てられる目的税です。



-電源開発促進税の税率-

電源開発促進税は、平成15年(2003年)に施工された石油石炭税と引き換えに、税率は段階的に引き下げられ、平成19年(2007年)以降は以下の税率となっています。

・電源開発促進税の税率・・・「375円(1,000キロワット時)」 

-電源開発促進税の申告と納付-

一般電気事業者は、販売した翌月末日までに、所轄税務署に「申告・納付」することとなっています。


スポンサードリンク