税金対策と節税対策ガイドTOP > 税金の基礎知識 > 直接税

直接税


直接税の説明

直接税とは、国や地方自治体へ税金を納める者「納税義務者」と、税金を実際に負担する者「担税者」が同一である税金(租税)のことです(⇔間接税)。




-直接税の占める割合-

租税収入に占める直接税と間接税の比率(直間比率)は、平成25年度予算の国税収入では「71:29」と、直接税の割合のほうが高くなっていますが、間接税である消費税の増税、不景気による所得の減少などによって、直接税の占める割合は平成に入ってから年々低下しています。

ちなみに世界の直間比率は、

アメリカ・・・「77:23」

イギリスとフランス・・・「56:44」

ドイツ・・・「53:47」

といわれています。

-直接税の種類-

◎国税

所得税
法人税
相続税
贈与税

◎地方税(道府県民税・市町村民税)

・住民税(道府県民税市町村民税
事業税
固定資産税
自動車税軽自動車税
鉱区税
狩猟税(狩猟者登録税・入猟税)
鉱産税


スポンサードリンク