税金対策と節税対策ガイドTOP > その他の税金と確定申告 > アフィリエイトの税金と確定申告

アフィリエイトの税金と確定申告



アフィリエイトの税金・確定申告アフィリエイトで所得があった場合、確定申告して税金(所得税+住民税+個人事業税+消費税)を納付しなければならない場合と、確定申告不要、税金を納付しなくても良い場合に分かれます。


このページの内容と税務署の見解は異なる場合がありますので、不安な方は確定申告する前に税理士、または税務署に相談してください。


 アフィリエイトで確定申告が必要?不要?



・給与所得者(サラリーマン・パート・バイトなど)

20万円超であれば確定申告必要!

給料所得、退職所得以外の所得合計(アフィリエイト・ネットオークション・FX・原稿料など)が20万円超の人は確定申告が必要です(20万円以下の人は不要)。

例えばアフィリエイトでは10万円しか所得がなくてもFXで15万円の所得があれば確定申告が必要となります(ちなみに給料所得者であればアフィリエイトの所得は雑所得となりますが、当然、開業届けを提出すれば事業所得となります)。


20万円以下であっても住民税の申告は必要です。

雑所得と事業所得の違いは、税務署に個人事業主の開業届けを提出しているかどうかだけですが、個人事業主となっていれば「青色申告特別控除・事業専従者給与の必要経費参入・純損失の繰越、繰り戻し」など多くの特典がありますので、アフィリエイトによる所得が少ない場合は雑所得でも良いですが、アフィリエイトによる所得が大きくなれば開業届けを提出し、個人事業主になることをオススメします。

サラリーマンの方の場合、通常、住民税が「特別徴収(所得に掛かる住民税すべて給与所得から天引)」となっているため、特別徴収としていれば市区町村役場から会社に送付される「住民税の決定通知書」の内容からアフィリエイトなどの所得があることが会社にバレル可能性があります。

しかし確定申告する際に、「確定申告書第2表の住民税・事業税に関する事項にある給与所得以外の住民税の徴収方法」の選択で、自分で納付(普通徴収)にすることで、アフィリエイトなど給料所得以外の住民税と、給料所得の住民税を別々に納付することが可能となり、会社にバレずにアフィリエイトなどの副業をすることができます(大規模な会社の場合、そこまで見ていないため特別徴収でもバレない可能性はありますが・・・)。


・アフィリエイトでしか所得のない方(学生・主婦・無職など)

38万円超であれば確定申告必要!

アフィリエイトでの所得(利益から必要経費を差引いた額)が38万円超であれば確定申告して税金(所得税+住民税)を納付しなければなりません(アフィリエイトでしか所得がない方は事業所得となりますが、アフィリエイトを専業にし、法人化している場合は給与所得となります)。



自営業者の税金と確定申告


38万円以下であっても住民税の申告は必要です。

医療費控除などを受ける場合は、仮に上記のように確定申告が不要な場合でも全ての所得を申告する必要があります。

専業主婦がアフィリエイトでの所得があれば、パート代(アルバイト代)と同じ考え方となり、パートなど給料所得の場合は

・「基礎控除(一律38万円)+給料所得控除(最低65万円)=103万円」

を超えると配偶者控除が受けられなくなりますが、アフィリエイトの場合は給料所得控除がありませんので、基礎控除38万円のみとなるため、38万円を超えると配偶者控除が受けられなくなる可能性がありますので、そのあたりのことも考えておきましょう。


 アフィリエイトで計上できる経費



アフィリエイトでの所得=売り上げ(利益)-必要経費(通信費など)


それでは必要経費にはどのようなものが認められるのでしょうか?


・通信費(プロバイダ料金、NTT料金など)

・パソコン代(本体だけでなく、プリンタ(インク代含む)、ソフトウェアなど)

・広告料金(アドワーズ、オーバーチュアなどのリスティング広告など)

・アフィリエイト関連書籍代

・アフィリエイト関連のセミナー代(交通費含む)

・家賃、光熱費(按分して割合を決めます)

・支払手数料(取引にかかる手数料、銀行手数料など)

・交流費用(食事代、交通費など)


など・・・


全額が必要経費として認められるわけではなく、アフィリエイトに関わった部分だけが必要経費として認められますので、最終的には按分して必要経費として計上することとなります(按分の割合については個々の状況によって異なりますので、税理士、または税務署に相談しましょう)。


 アフィリエイトでの所得は個人事業税の対象に



アフィリエイトで所得がある場合、所得税、住民税、消費税(1,000万円超の場合)とは別に個人事業税の対象となります。


個人事業税の算出方法は・・・


「(前年の事業所得(+青色申告特別控除)-事業主控除290万円)×税率(5%)=個人事業税」


となりますので、アフィリエイトの場合、年間所得290万円以下であれば個人事業税はかかりません。


では具体的にアフィリエイトでの年間所得が400万円であれば以下の通りとなります(アフィリエイトの個人事業税の税率は5%)。


「(400-290)×5%=55,000円」


アフィリエイトでの所得が個人事業税に該当するかは税務署の見解によって異なる場合があります。



スポンサードリンク