税金対策と節税対策ガイドTOP > 税金ニュース > 福岡県田川市が「ゼロ歳児に所得申告求めるハガキ」

福岡県田川市が「ゼロ歳児に所得申告求めるハガキ」


福岡県田川市が、市民税や国民健康保険税などの納税に向けて所得申告を求めるはがきを、送付対象者をリストアップするコンピューターのミスによって市内のゼロ歳児332人に誤って送っていたことが2007年2月24日、分かり、田川市が詳しい原因を調べています。

田川市によると、はがきの送付は本来、確定申告や源泉徴収で納税しておらず、市が所得状況を把握できない18歳以上の市民約1万人が対象とするのですが、コンピューターが対象者を選び出した際、2006年生まれのゼロ歳児も含んでしまっていたという。

15日にはがきを発送した際、翌日から苦情や問い合わせが相次ぎ、ミスに気付いたようです。

平成19年2月24日・NIKKEI NETより一部引用

まっ、いまではすべてのデータなどがパソコンで管理されていることが普通ですので、年に数回は、打ち間違え、入力ミスなどによって、このようなニュースがでてきますσ(^_^;)

データはパソコンで管理していても、最終的に決定、確認する作業は人間がやらなければならないので、ミスは仕方ありませんが、「0歳時に所得申告を求めるハガキ」が送付されたご家庭としては、「??」ですね。

スポンサードリンク