税金対策と節税対策ガイドTOP > 税金ニュース > 朝青龍が1億円申告漏れ

朝青龍が1億円申告漏れ


モンゴル出身で大相撲の
横綱:朝青龍(本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ)が東京国税局の税務調査を受け、2005年までの3年間で約1億円の申告漏れを指摘されたことが分かりました。


関係者によると、朝青龍は複数のテレビ番組やテレビコマーシャルへの出演で2005年までに得た出演料の一部や、2004年に東京都内のホテルで開いた結婚披露宴をテレビ局が放映した際の放映権料を確定申告で雑所得として申告していなかった模様で、追徴税額は過少申告加算税を含め約3,000万円で、すでに修正申告したとみられています。


ちなみに朝青龍が日本相撲協会から得ている給与や、懸賞金など各種賞金は、事業所得として申告していたとみられています。


高砂部屋では「朝青龍個人の話であり、部屋として管理しているわけではない。詳しいことは分からない」と話しています。


朝青龍は、夏巡業の休場届を提出しながらモンゴルでサッカーをする様子が報じられ、同協会から2場所出場停止と九州場所千秋楽までの謹慎などの処分を下されている所でした。




平成19年8月27日・asahi.comより一部引用


朝青龍問題?の中、申告漏れまで発覚し、朝青龍はまさに踏んだり蹴ったりですねσ(^_^;)


僕は相撲はほとんど見ませんが、いまではモンゴル出身の力士が強く、日本人力士がだらしない?せいで、強すぎる朝青龍への風当たりはいつも強いように思えますね。


確かに言動等も横綱としてはチョット・・・と思うことも多いですが、相撲界の歴史に名を残すほどの成績を残していますので、もう少し日本人も応援してあげてもいいと思うのですが。。。


ただ申告漏れ、嘘?の休場届は褒められることではありませんので、朝青龍自身ももう少し自覚を持って行動してもらいたいですね。


スポンサードリンク