税金対策と節税対策ガイドTOP > 関連用語集 > 益金

益金


益金の説明益金(えききん)とは、法人税法上の収益(売上高など)のことですが、「一般に公正妥当と認められる会計処理の基準に従って計算された収益」に、「別段の定めによる調整(税務調整(申告調整))」が加えられるため、会社決算上(会計上)の収益と、法人税上の益金は必ずしも一致しないのです。

この益金から「損金」を差引いた額が「課税所得」となります。つまり、会計上の考え方と、法人税上の考え方が異なるのです。

-益金?収益?-

◎会社決算上(会計上)

「収益-必要経費(費用・損失)=利益」

◎法人税上

「益金(収益に税務調整が加えられた額)-損金(費用・損失に税務調整が加えられた額)=課税所得」


スポンサードリンク